【ワードプレス】賢威8の子テーマを設定する



子テーマ

子テーマとは?

ワードプレスのテーマテンプレートには親テーマとセットで機能する、子テーマというサブテンプレートがあります。

子テーマに書き込んだCSSやPHPの変更はそのままブラウザへの表示に反映されます。

何で子テーマを使うの?

賢威に限らずですが、「ここの見た目ちょっと変えたいなー」とか、「PHPで独自関数作ってショートコードで呼び出せるようにしたい」など、ワードプレスのテーマをカスタマイズする際、base.cssやstyle.css、またはfunctions.phpやsingle.phpなどを編集することになります。

別に直接編集しても全く問題ないですし、しっかり反映されるのですが、一個だけ問題が出る瞬間があります。

テーマのアップデートです。

テーマを直接編集すると、そのテーマのアップデートが訪れると、気軽にポチれなくなります。

テーマのアップデートは丹精込めていじり倒したCSSやPHPファイルをガッツリ上書きしにきやがりますので、万が一にでもボタンを押してしまったが最後、今までの苦労は亡き者とされ、アップデートされたまっさらなテンプレートファイルたちがそこに残ることでしょう。

子テーマはアップデートで上書きされない!

子テーマはテンプレートのアップデート時に上書きされません。

テーマ自体のタグやクラス構造が大きく変更されれば、さすがに影響を受けますが、それでも編集したファイル自体は残ります。

さぁ、子テーマをインストールしよう

子テーマの大事さの布教活動が終わったところで、具体的なインストール手順を紹介します。

今回はこのブログのテンプレート「賢威8」の子テーマのインストール手順を例に紹介します。

子テーマの取得

まずは子テーマの元ファイルを取得します。

「賢威8」配布元のウェブライダー社の賢威サポートページへGO!

「keni8_child.zip」というファイルが入手できれば成功です!

子テーマをワードプレスにインストール

失敗パターン

ワードプレスの外観タブ→テーマ→テーマのアップロード→さっきのzipファイル選択してアップロード→今すぐインストール

これね、失敗します。もうやりました。

行けそうなもんやけどなぁ!なんでや!

もしかしたら、これでインストール完了した人もいるかもしれませんが、延々「インストールに失敗しました」の表示が出続けて、一向に完了しませんでした。

子テーマを手動でインストール

僕はこの方法でインストールしました。

1.まずはzipを解凍

「keni8-child」のフォルダの中にさらに「keni8-child」があります。

中身の方の「keni8-child」を、

2.FTPでアップロード

アップロード先は親テーマと同じディレクトリです。

こんな形。この時に親テーマのフォルダ名をコピーします。

3.子テーマのstyle.cssの編集

さっきコピーした親テーマのフォルダ名を、子テーマのstyle.cssの冒頭

Template:  の後ろを親テーマのフォルダ名に変更すればOK

再度style.cssのアップロードを忘れずに!

4.子テーマを適用

この手順を踏むとワードプレスの外観→テーマの画面に子テーマが出現しているはずです。

サムネイルが表示されてない、PNG画像の背景みたいなやつです。

あとはそれを適用させればOK!

まとめ

アップデートも怖くない!