ネット上でまともに測れそうなIQテスト、何種類かまとめて受けてみた

IQとは?

知能指数(ちのうしすう、独: Intelligenzquotient, 英: Intelligence Quotient, IQ)とは、数字であらわした知能検査の結果の表示方式のひとつである。高いほど知能が高いことを、低いほど知能が低いことをあらわす。知能指数の算出には2種類あり、「生活年齢と精神(知能)年齢の比」を基準とした従来の方式と、「同年齢」を基準とした方式がある。現在では従来の方式はあまり使われなくなりつつある。また、検査によってはより細かい「言語性知能検査」と「動作性知能検査」も決定する。
「同年齢集団内での位置」から算出される相対評価である。入学試験合否予想システムに使われる偏差値と同じで中央値と標準偏差によって算出される。知能指数は標準得点で表され、中央値は100、標準偏差は15前後で定義されている。100に近いほど出現率が高く、100から上下に離れるに従って出現率が減っていく。分布はほぼ正規分布になり85–115の間に約68%の人が収まり、70–130の間に約95%の人が収まる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E8%83%BD%E6%8C%87%E6%95%B0

ネット上で、特によくFacebookなんかで見かける、簡易なアプリで「これが解けたらIQ150!」みたいなヤツは眉唾で、ほとんど信用できません。というか、ああゆうのは遊びですね。

ちょっと自分のIQに興味があって、一々仰々しいペーパーテスト受けるのもアレだったので、ネットで「真面目に」IQ測れそうなテストをいくつか探して、挑戦してみました。

IQ予備知識

一言でIQと言っても、数字自体がどういう意味を持っているのか詳しく知っている方は意外と少ないかもしれません。

この項では少し、IQの数字の性質について触れていきたいと思います。

そもそもIQってどうゆう数字?

IQというのは、日本の学校の学力でいうところの「偏差値」と同義のものです。

テストのスコア=IQではなく、そのテストを何百人、何千人と受けた中の人口分布で自分の位置を表したものがIQとなります。
これを難しい言葉で標準偏差といます。

統計学なんかでよく使われる指標ですね。

偏差値の場合は中央値は50ですが、IQは100が中央値となります。
中央値というのはテストの結果、一番人口が多かった点数です。

見たことある方も多いかもしれませんが、こんな感じの分布になります。難しい言葉で、正規分布と呼ばれる山型の分布構造です。
平均の位置が、偏差値で言えば50、IQで言えば100になります。

この図の通り、IQであれば100という数字から離れた数字ほど、知能指数が高い(または低い)ということになります。高IQの社交クラブとして有名なMENSAでは図の2σ以上の位置を入会の条件としている(非公表)とのこと。

IQの数値は受けるテスト(計算法)で違う

我々がよくテレビなんかで耳にするIQというのは、「最終的な数値」であって、計算法まで言及されることはほぼありません。あれね、実はほとんど意味のない数字なんです。

標準偏差は分散の広さをどこまで取るか?で最終的な数字のばらつきが変わります。

IQのテストで主に使われる標準偏差は15、16、24で、上の図で言う1σの数字をいくつにするのかで、最終的な数字が大きく変わります。

つまり、標準偏差15(SD15)で計算したIQでは1σの位置は115となり、標準偏差24(SD24)で計算したIQでは124が1σとなります。

最終的なIQの数値だけ聞いても、受けたテスト(計算方法)が違えば、IQ115と言っている人とIQ124の人が全く同程度の知能指数である可能性がある、というワケですね。

標準偏差24だと、派手な数字がバンバン出ますので、その辺はきっちり見ていかないといけませんね。

テレビとかで紹介されているMENSAの入会条件はIQ148以上と放送されていることが多いようですが、派手な数字を好むテレビなんかでは「標準偏差24」の数字を採用して放送しているワケですね。
SD24の148という数字はSD15の130に相当します。

更にはテストの測定法がそもそも違ったりもする

そもそも、測定法が違うというパターンもあります。

wikiの引用にもある通り。

「生活年齢と精神(知能)年齢の比」を基準とした従来の方式と、「同年齢」を基準とした方式がある。

基本的には年齢はいずれにせよ考慮対象の要素なのですが、今回受けたネットのテストなんかでは年齢を考慮していないパターンもありました。

IQ予備知識 - まとめ

一概に最終の数値だけを見て一喜一憂するというよりも、数字の中身の性質を考えるのも大切ですね。

世界的に一本決まった絶対的基準があるワケではないようですので、各々の組織が作ったテストと結果を元に算出されているんでしょうね。

それでも、ある程度のボリュームの人数が受けているテストであれば、分布自体は正確に出ると思いますので、数字の意味だけ理解していれば、自身のおおよその知能水準はわかりそうです。

iqtest.dk

無料でテストを受けられます。

http://iqtest.dk/

今は化石のFlashプレイヤーを利用したタイプのアプリケーションで、セキュリティレベルの高いクロームとかモダンなブラウザだと実行できなかったため、IEでサイトを開きテストを受けました

テストの概要
  • 無料で受けられる
  • 制限時間:40分
  • 全39問
  • 全問図形法則問題
  • 標準偏差15のIQ値を算出

iqtest.dkのIQテスト結果

とりあえず結果は135とのことです。

Mensa levelって表示されてるの何か嬉しいですね(笑)

まぁ年齢とか聞かれなかったので、簡易的と言いますか、一般的にIQテストを受けるボリュームゾーンのデータと比較して算出してるんでしょうかね?

序盤は3秒で答えられる問題しかありませんが、終盤の難易度は割と鬼でした。
皆目、見当もつかない問題が1問ありました。

test.mensa.no

高IQと言えばMensa。
本家本元といいますか、ちゃんと測れそうなイメージ感はあります。

http://test.mensa.no/

こちらはノルウェーのメンサのテスト問題のようです。

海外ではネットで入会できるんですかね?

テストの概要
  • 無料で受けられる
  • 制限時間25分
  • 全35問
  • 全問図形法則問題
  • 年齢考慮されてるっぽい
  • 記載ないけど、多分標準偏差15(結果の数値と分布から)

test.mensa.noのIQテスト結果

138!めっちゃ高かったです(笑)
人口上位0.6%らしいので、数字逆算すると、おそらく標準偏差15で計算されていると思います。

実際、後半の問題で、ちょっと似たような問題見たことあるなっていうのが数問あり、最終スコアに上方補正入っている感は否めませんが。
まぁ、これはあくまで僕個人の話です。

テストとしては一番それっぽかったです。

序盤の20問目くらいまでの問題ビビるくらい簡単なんで、これはこれで大丈夫なのかなとは思いました。

各設問の得点の比重が考慮されているのか、それとも、一律の得点でどこを間違えても平易にIQが下落するのかは結構気になる部分ではありますね。

members.mensa.ch

こちらはスイスのメンサの問題。

https://sifter.org/iqtest/

ドメイン違いますが、テスト専用ページのようです。

テストの概要
  • 無料で受けられる
  • 制限時間20分
  • 全33問
  • 数列問題あり
  • 年齢考慮されてるっぽい
  • 標準偏差16と24で計算した結果を表示

問題に進む前に、過去にこのテストを受けたことがあるか聞かれるので、もしかしたらネットテストを受けた人のデータを結果に反映させているかもしれません。

「過去に受けてるならこのボタンは押すなよ、絶対押すなよ?」みたいな、ダチョウ倶楽部バリの念の押し様です。ちょっとリアリティあります。

members.mensa.chのIQテスト結果

答え出ているので隠しています。

ちなみに上のリザルトは一回受けてスクショし忘れたので、ブログ用に再度テストを受けた結果で、初回の結果は33問中21問正解で、SD16で125くらいで出ていたと思います。

問題の難易度がやたら高く、初回受けたタイミングでは二問分からず、飛ばしたにもかかわらず、最終の大設問にたどりつく前にタイムアップ(笑)

計6問の未回答状態でした。結構調子悪かったですね。

体感的に一番正確な数字が出そうな気はします。

問題のタイプが初見のものがあったり、割と楽しめました。
答え見てもいまいち納得できない問題が2問ありましたね(笑)

mensa.se

こちらはスウェーデンメンサ。

https://www.mensa.se/bli-medlem/provtest-r1/

テストの概要
  • 無料で受けられる
  • 制限時間10分
  • 全24問
  • 全問図形法則問題
  • 年齢考慮なし
  • 多分、標準偏差15
  • 最高計測値が126

設問数的にこれ以上は図れそうもないですもんね。

mensa.seのIQテスト結果

126の最高計測値でした。

というより、設問数少なければ、もう少し問題難しくすればいいのにと思うくらい簡単でした。

解答/正答数は出ませんが、多分普通に満点だと思います。
結果、問題共にゲームの延長というレベルかと。

international-iq-test.com

今回受けてみた中で唯一の有料テスト。

https://international-iq-test.com/ja

5ユーロです。テストを受けるまで一切有料であることは語らず、40問のテスト受け終わってから「結果見たかったら、金払ってね」って感じでした。

やりおる。
つい払ってしまいました(笑)

テストの概要
  • 有料(5ユーロ)
  • 全40問
  • 制限時間なし
  • 年齢考慮されてるっぽい
  • 明確に書いてはいないが、130以上の分布が2%だったので多分標準偏差15

international-iq-test.comのIQテスト結果

テスト結果ページ

スクショ。

結果は130。

学歴とか年齢、就業分野別の分布が見れます。

データ見る限りでは学歴とIQに割と明確に相関あるみたいですね。
僕、高卒なんでアレなんですけどね。

ただ、このテストで疑問に思ったのは以下の二点。

  • 制限時間なかったら誰でも全問解けんじゃね?
  • 数列の法則問題があったので、少なからず学力絡むんじゃ・・・?

ってことですね。それとも、テスト解き終わるまでにかかった時間もスコアリングの計算に入れてたりもするんですかね?
とにかく、システム上の制限時間はありませんでした。

あと、純然なIQテストって、基本的に全問図形法則問題のイメージがあったので、その辺も少し疑問に思いました。

基本的に学力水準、文化水準の影響を全く受けないのがIQかなと勝手に解釈しているのですが、計算は学力の部類に入りそうな気がしますが、どうなんでしょう?

まぁ学力って言っても、掛け算と割り算出来たら解けるので、小2-3レベルの話ですが。

このサイトのトップページに直近20件のテストを受けた人のIQがリアルタイム表示されるんですが、120オーバーはちらほら見かけるんですが、130オーバーはほとんど見かけなかったので、何か嬉しかったです(笑)

というより、僕このテスト深夜2時くらいに受けたんですが、夜が明けるまでに僕のテスト結果掲載されなくなってましたので、このサイト多分めっちゃ儲かってんな、コノヤロウ。

5ユーロですからね!5ユーロ!!!

いやぁでも楽しかったです。正誤は不明ですが、さっぱりわからないレベルの難問って感じの問題はなかったですね。悪くても9割は正答したかなという感じです。

IQテスト - 総括

ネット上で簡易に受けれるIQテストですが、中々面白かったですね。

全く分からない問題も何問かありました。

図形法則問題って、分からないところから閃くあの瞬間の独特の気持ちよさあるんで、毎日やってても飽きないかもしれません。
論理パズルとかもその部類で、非常に好奇心を掻き立てられて一晩中見ていられます(笑)

スイスメンサの問題は難易度的にやりごたえありましたね。

結果としては若干高めに出ている感は否めませんが、ノルウェーとスイスのメンサの問題は結構実数に近い数値を測れそうな印象です。

ノルウェーの方は「どっかで見たことあんなー」みたいな問題が多かったので、僕の場合めっちゃ高く出ましたが、若干補正ありって感じですね。

有料のテストの方は自分で制限時間設けて取り組んだりすると割と正確な数値測れるのかもしれません。時間無制限は絶対いつか解けますからね。

結果も含め、かなり楽しめましたので、興味のある方は是非挑戦してみてください。

¥968 (2019/10/15 22:36:28時点 Amazon調べ-詳細)