Python専用IDE、PyCharmのインストールと初期設定



普段SpyderというAnacondaに付属しているIDEを使っていますが、今回ちょっとIDEの乗り換えを検討してみました。

PyCharm

PyCharmはPythonの統合開発環境 の一つである。PyCharmはコード解析・グラフィカルなデバッガ・統合単体テスター・統合されたバージョン管理システム・Djangoを用いたWeb開発環境を提供する。PyCharmはチェコの企業であるジェットブレインズによって開発された。

https://www.jetbrains.com/pycharm/

jetbrains はデコンパイルツールの dotPeek 何かでもお世話になっています。

ライセンスや料金形態

  • フリーのCommunity Edition
  • 月額/年額のサブスクリプション制の Professional Edition

違いはパッと見た感じDjangoが使いやすいかどうかです。(雑)

気に入ったらお金払おうと思います。
Djangoほとんど使わないんですけどね。今後使うかもしれないし。

インストール

ダウンロード先

https://www.jetbrains.com/pycharm/download/

各自OSにあったモノをダウンロード。

初期設定

Vim

インストール時にVimを使う選択とかできますが、プラグインで後からでも追加できます。Vimer以外は無視。

日本語化

全部メニューが英語です。イキって英語のまま使おうかとも思いましたが、ストレスと天秤にかけての日本語化しました。

https://mergedoc.osdn.jp/index.html#pleiades.html

有志が日本語化ツールを提供してくださっています。神です。

Pleiadesダウンロード先

windowsユーザーで、All in Oneが不要な場合、プラグインのみダウンロード項目から。

注意書きで「7-Zip」で解凍しろよ。と書いています。

7-Zipで解凍した結果

ツールの画面に何も表示されない

真っ白い枠だけ立ち上がり、上手くツールが起動できてない様子。

注意書きを無視して普通に解凍してみる

普通にここから解凍

7-Zipで解凍しても上手くいかなかったので、とりあえず普通に解凍してみます。

何故か普通に立ち上がりました。
何のための注意書きだったんでしょうか。7-Zipわざわざインストールしたんですけどね・・・。

あとは日本語化するアプリケーションから、PyCharmのexeファイルを選択すればOKです。

日本語化成功

めちゃくちゃ見やすくなりました。

ランタイムインタプリタの設定

インタプリタ

複数の環境を使い分けている場合、あらかじめ登録された実行環境を変更することができます。